銀行借り換えローンの審査と比較

借り換えとは、ローン業者を変更して新しくローンを組み直すことを言います。ローンを移し替えることで利息の支払額を減額するような事を目指します。

ローンをする業者を変更することを指しているのが、借り換えというものです。

そもそも、返済期間が長くなるローンもあるでしょう。

住宅ローンは20年や30年という返済期間が設けられていることもあります。

さらに、リフォームローンについても10年以上の返済期間が設けられることもあります。

それらが何を意味しているのかという事ですが、返済期間が長くなればなるほど利息による返済額に違いが出てくるわけです。

返済期間が短ければ支払利息額は少なくなります。

一方で、返済期間が長くなれば、支払い利息額は大きくなるでしょう。

簡単に説明すれば、100万円の借金を年利10%で、半年で一括返済した場合と1年で一括返済した場合を比較します。

・1年で返済したケース:総額110万円
・半年で返済したケース:総額105万円

以上のような仕組みを利息は持っているわけです。


利息が有利な業者で借り換えを行おう

借り換えですが、利息が低い業者でおこなうのが一般的です。

年利10%~5%のローンに移行すれば、5%の利息返済額をカットできるわけです。

返済総額について、かなりの違いが出てくるわけです。

利息率が低くなればなるほど、借り換えを行った意味合いが出てきますよ。



すでにローンをしている方ですが、そのローンについてそのままにしておくことはありません。

他に良いローンがありましたら、『借り換え』を積極的に検討すべきです。

何も考えずに返済し続けるよりも、有利な条件を探ってしっかりとお得な返済の道を探るべきだと指摘させていただきます。

しかし、ローンの借り換えということ自体にもしっかりとした審査があります。

誰でも利用できるというものではありませんので、注意をして対応してください。



銀行の審査内容は?

銀行の借り換えローンという事になりますので、注意していただきたいのが審査の厳しさです。

消費者金融のローンとは一味もふた味も違います。

特に注目されるのが『雇用形態』です。

・正社員
・契約社員
・派遣社員
・パート・アルバイト

以上のような雇用形態があるわけですが、大きなローンを借り換える場合は正社員でなければ難しいです。

一方で、非正規雇用の場合は、金額によっては断られてしまう可能性が高くなります。

銀行では利息が低いなどの特典もありますので、審査は厳しくなると把握していただけばと思います。

さらに職業についても判断されることがあります。

簡単に言ってしまえば、安定性のある職業と判断されると審査は突破しやすくなります。

不安定な職業と判定されてしまうと、審査は突破しにくくなることもあるので注意してください。



借り換えローンの比較のポイント

銀行の借り換えローンを比較する場合には、利息・手数料・ATMの数、以上の点に重きを置きましょう。良い業者を探しだすことができるはずです。

銀行の借り換えローンを比較する時にはいくつかのテーマにわかれると思います。

実際に、借り換えをする時には、しっかりとチェックしなければいけないことがたくさんあります。

自分にとってどれが最も重要なのかを考えたうえで、徹底比較を行ってみましょう。


利息について

利息は最も大きな比較対象になるものです。

各業者によって利息の適用率には違いがあります。

仮に200万円借り換えをした場合ですが、13%という業者もあります。10%という業者もあります。

銀行や消費者金融など、利用する金融機関でも大きな違いがありますので、その点は注目をして対応をしていただきたいと思います。


手数料について

借り換えをする時には手数料がかかる場合もあります。

そちらを比較することも忘れてはいけません。

手数料についてかかる場合には、その金額も比較対象になります。

ただ、最近では手数料を無料とする業者も散見され始めましたので、それほど難しい比較をしなければいけない事もありません。


利用できるATMの数

返済のしやすさの比較というものになります。

利用できるATMの数が多ければ多いほど、返済はしやすくなります。

コンビニATMなどと提携しているのかをしっかりと確認してください。

コンビニは全国的にあるので、提携していれば一気に利用しやすくなりますよ。








借り換えに使えるローン